8/1~8/12

もうタイトルを何にしたらいいかわからないから、前回から昨日まで。←適当

ほとんど観劇記録なだけのこのブログ。

他の方々の舞台考察とかやってみたいが頭が追いつかない・・・。

まぁとりあえず・・・

 

・宝塚BOYS

戦後すぐの内容なので、どうしても戦争の話に趣が置かれていた気がする。

戦争が人々から奪ったものはあまりにも大きすぎる。

終戦をむかえた夏という季節に観る事ができて良かった舞台。

最後のレビューはさすが!男子の宝塚もいい~。

残念なのは舞台のパートの方でもっとダンスや歌のシーンがあってもいいのでは?と思ったこと。上手な演者さんが出演されていただけに。

あと、劇場のプレイハウスはお初。2階の最後列だったけど観やすくていい劇場。

 

刀剣乱舞ミュージカル 阿津賀志山異聞2018

再演というだけあって演者さんたちの演技や歌のレベルが高い。安定している。

刀ミュはもうなんというか安心して楽しめる。

人気があり過ぎてチケットを取れないのが難点。

せめてもう一回行きたかった・・・。

 

炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース

原作は昭和編どころか本編の1巻しか読んでいないのだけど(すみません)。

でも、あの世界観が好きで思わずチケットを取ってしまった舞台。

ざっくりとしか内容はわからないけど、観劇した他の方々は言っていた様に

「打ちのめされる」っていう感じ。

なんというか独特の舞台や観客の集中した気迫?張り詰めた空気感。

炎ミラはBLではないのかもしれないけれど、

景虎の直江に対する真の思いを吐露する場面。

自分がBLにはまってどうしようもなく惹きつけられた関係性がそこにあった。

あぁ、これだ・・・って。

なのに!!その重要な場面で咳がでてしまい集中できなかったという(泣)

なんとなく、もう一枚チケットを取っていたのだけど。偉いよ、自分!!

おまけにもう一枚追いチケして、あと2回行きます←。あぁカードの支払いが怖い。

でも、最後の舞台なんですよね。

はじめから観ておけば!!と激しく後悔。

とりあえず、あと2回。

↑感想が珍しく長い!(笑)うーん。凄い舞台だわ